「月収50万円を達成するための5日間のフリーランス講座」2日目

こんばんは!COACHTECH事業責任者の岩崎です!

前回の記事は読んでいただけましたでしょうか?
多くの方から記事を読んだ感想を頂けて非常に嬉しかったです!

感謝の言葉とともに、本気で変わりたい、挑戦したいという皆さんの熱い気持ちが伝わってきて、このプログラムを行っていてよかったなと感じました。

もちろん、フリーランスとして月収50万円を達成するのは簡単なことではありません。
しかし、1日目の記事でも話したように自分の目的に合った職種を選択することができれば、あとはそこにしっかりと努力を注ぎ込むだけで到達することは十分可能です。

残りの4日間でさらに具体的に掘り下げていくので一緒に頑張っていきましょう!!

前回の記事では、挑戦しようと一歩踏み出した人が失敗してしまう原因と、
そうならないためには、「稼げるスキルと稼げないスキルをしっかりと見極め、自分に合ったスキルを選択することが大切」という話をしました。

しかし、記事を読んでくれた人の中には、
結局これもよく見る怪しい広告と同じで全部ウソ。実績なんてないんでしょ?

と思っている方もいると思います。

ですので今回は、無料相談に参加いただいた後に実際にサービスを受け、見事稼げるフリーランスになることに成功した人の中から、2名をピックアップしてご紹介したいと思います。

そして最後には、稼げるフリーランスへと成長できる人と、そうでない人の決定的な違いとは何なのか?についても解説していきます!

実績紹介①

まず1人目は櫻井さん。
45歳の男性です。

櫻井さんはここまで紆余曲折したキャリアを歩んできました。

元々ハンググライダースクールのバイトとして2年くらい働き、ハンググライダーを使って世界中の空を飛び回りたいという夢がありましたが、どうしてもそれだけではお金にならないということでやむを得ず就職の道に進みます。

そこから4年間は正社員として学習塾で数学を教えていましたが、お子さんが幼稚園に通い始めるタイミングで土日休みの仕事に変えたいと思い、「バスを作る会社」へと転職。

それからその会社で働いていましたが、コロナが流行りはじめたタイミングで櫻井さんは1つの大きな決断をします。

「昔から興味があったプログラミングを仕事にしたい。そして夢だったハンググライダーで海外の空を飛び回りたい。」

その一心で仕事をやめて、COACHTECHで半年間学習に取り組みました。

当時の仕事では趣味のハンググライダーにあまり時間が使えないため、場所や時間に囚われない自由な働き方ができるフリーランスエンジニアを目指しました。

もちろん、初めは上手くいくことの方が少なかったし、やはり年齢的なハードルも感じたとご本人も仰っていました。ただ自分の夢を諦めたくない、その強い思いを胸に学習に取り組み続け、見事目標であったフリーランスエンジニアになることができました。

やはり自分の理想の姿と現状にギャップがあるのであれば、
言い訳を作らずにまずは1歩踏み出してみてあとは全力でその目標に向かって走り切る。
これが非常に大事で、フリーランスを目指す上では最低限必要なことなのかもしれませんね。

受講後2年経った現在では、月収60万円以上(メインの案件約58万円+副業)を継続的に獲得できています。

実績紹介②

では続いては2人目、伊藤さんです。
受講当時は大学3年生の21歳でした。

伊藤さんは、
「働き方として、週5日フルタイムで働くのが自分には合っていないのではないか?」
という思いからフリーランスという道を志しました。

フリーランスという目標を達成するために、まずは無料のサービスを使ってWeb制作の学習を始めたのですが、ある程度学習を進めたところであることを感じたそうです。

それは
「このままフリーランスとして仕事を獲得するのは難しい。」
ということです。

スキルはある程度身についたものの、それが実際に通用するものなのか、またそれを使ってどのようにお金を稼いでいけばいいのかわからず完全に手が止まってしまったそうです。

今までやってきたことが無意味だったのかと、挫折を経験したと伊藤さんは仰っていました。

そんな時にCOACHTECHに出会い、無料カウンセリングに参加し、受講を決めていただきました。

そうして半年間の受講期間を経て、今では念願の週4日で時給3000円の仕事をしています。
残った3日間のうち、1日は自身の学習にあて2日は旅行に行くという、まさに理想のフリーランス生活を送っています。

初めは本当にフリーランスになれるのか半信半疑で、就職することを考えていたそうですが、結局就職はせず、大学卒業後にすぐにフリーランスになるという道を選択しました。

もし仮にフリーランスとして仕事ができなかったとしても、迷わずエンジニアという職業を選びますと伊藤さんは仰っていました。

フリーランスという働き方ももちろんですが、それだけエンジニアという職業が魅力的だったのかなと思います。

以上が過去のCOACHTECHを受講してくれた方たちの実績紹介でした。

本来であればもう少し紹介していきたいのですが、長くなってしまうので2名だけの紹介とさせていただきました。
その他の実績についてもっと詳しく知りたい方は、無料カウンセリング等でぜひご質問ください!

稼げるフリーランスになれる人とは?

そしてここからは、これまで数千名の方達を見て・話して気づいた

稼げるフリーランスへと成長できる人と、そうでない人の決定的な違いは何なのか?について解説していきます。

それは
「言われたことをまず徹底的にできる」
かどうかということです。

今あなたの中で、「稼げるフリーランスになるための方法」は明確になっていますか?
1つ1つ細かくロードマップとして頭の中で道のりをイメージできますか?

おそらく答えはNOだと思います。

「守・破・離」
という言葉があるように、

まだ何者でもない状態から何かになろうと頑張らなければいけない時に、
いろんなことをやろうとしたり、先輩や先生がこう言っているけど自分はこう思うから無視しようというのは間違いである可能性が高いです。

稼げるフリーランスとして成功していきたいのであれば、

(もちろんそれが信頼できるものなのかどうかの見極めは大事ですが)

自分のためにアドバイスしてくれていることや、これが正しいルートであると示してくれているものがあれば、素直に愚直にそれを信じて進んで行かなければ上手く行くものも全く上手くいかなくなります。

今回ご紹介した櫻井さんや伊藤さんのように、

稼げるフリーランスになって成功を掴み取りたいのであれば、

道を示してくれるものに身を預けて、利用できる環境を最大限に生かしながら、まずは素直に示された道を一歩一歩愚直に進んでいくべき

だということを覚えておいてください!

本日のまとめ

今日の記事では、実際に稼げるフリーランスになるという目標を達成した2名の紹介と、稼げるフリーランスになれる人となれない人の違いについて解説してきました。

今日紹介したように、この講座では5日間かけて月収50万円を目指せるフリーランスになるための方法をあなたに伝授します。残りの3日間、ぜひ最後までついてきてください!!

次回予告

次回の記事では、今回の2人のようにしっかりと稼げるようになるフリーランスエンジニアと稼げないフリーランスエンジニアの決定的な違いと、陥りがちな落とし穴について話していきます。

今回の記事を読んで、
「私もこんな2人のように稼げるようになるためにはエンジニアになればいいんだ!」
そう思った方が多いと思います。

でもこれは、半分正解で半分間違いなんです。

1日目の記事でお話ししたように、稼げるフリーランスになりたいのであればエンジニアを選ぶのは良い選択です。しかしここには、大きな落とし穴が待っているんです。

それを明日の記事で解説していきますので楽しみにしていてください!

COACHTECHでは無料カウンセリングを実施しています

COACHTECHの無料カウンセリングでは、数百名以上の面談実績がある経験豊富なカウンセラーがあなたの悩みに丁寧に向き合います

ヒアリングをベースにお悩みの解決や、目的目標に合ったロードマップの作成等を行いますので、特に準備していただくこともなくお気軽にご参加いただけます。

現状のキャリアに関するお悩みがある方や、学習等でお困りの方、エンジニアやフリーランスについて詳しく知りたい方、変わるために行動したいけど何をすればいいのか分からないという方はぜひご参加ください!

自力でWebサイト制作やWebアプリ開発ができるようになるスクール

「自力でプログラミングで何か作れるようになりたい!」「いつか、プログラミングを使って稼ぎたい!」

このように思っている方にぴったりなスクールが、COACHTECHです。

COACHTECHはフリーランス特化型のスクールで、自力でWebサイトの制作やWebアプリ開発ができる人材の育成に取り組んでいます。スクールの卒業生は現場では使えないと言われる中、COACHTECHではアウトプット中心の学習で、実践的なプログラミングスキルが身に付きます。

実際に、プログラミング未経験から案件を獲得できた方も多いです。

「プログラミング学習についてもっと知りたい!」「未経験でもちゃんとプログラミングスキルが身に付くのか不安」という方は、ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

未分類
\ この記事をシェアする /
COACHTECH Lab.
タイトルとURLをコピーしました